佐瀬雅行写真展に向けて
作品紹介
  • HOME »
  • 作品紹介 »
  • 作品:祈りの道

作品:祈りの道

遠野・デンデラ野

遠野・デンデラ野。光にあふれた小さな丘に立つと、「姥捨て」という陰惨なイメージは感じられない

遠野・続石

自然の造形物、それとも古代の遺跡か。ロマンをかき立てられる。

男鹿・赤島1

入道崎から少し南の赤島には弁財天が祀られ、小さな鳥居が立っている。「なまはげ」は山から下りてくるが、漢の武帝が使っていた五匹の鬼とも言われている。本来は海の彼方からやってくる来訪神だったのかもしれない。潮風にさらされて風 …

石神社

海沿いの里宮、葉山神社の脇から石峰山の登山道に入る。苔むした石や湧き水で滑りやすく、雑草に覆われていて何度も迷いそうになる。急峻な登りに息も絶え絶えになりながら、歩き続けること1時間。ようやく赤い鳥居が見え、その先に巨石 …

大湯環状列石

西側に位置する万座遺跡。鳥の目線でなければストーンサークルの全貌を把握できない。縄文人はどのような思いで石を運び、積んでいったのだろうか?

十三湖1

真冬の十三湖。河口に架かる十三湖大橋から見下ろす湖面は水が凍り付き、暗雲が空を覆っていた。

仏ヶ浦1

紺碧の海と澄み切った空の間に灰白色の奇岩が連なり、訪れた人を異界へと誘う

山寺2

杉木立のあちこちに石仏や墓碑が刻まれた岩がたたずむ

山寺1

参道の傍らに戒名を書いた「後生車」が並ぶ。薄くなった墨文字に過ぎ去った歳月を思う

三内丸山遺跡2

雪雲の中から太陽が顔をのぞかせ、6本柱の向こうに大型竪穴住居の屋根が白く見える

Page 1 / 212
PAGETOP
Copyright © みちのく─祈りの道の果つるところ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.