佐瀬雅行写真展に向けて

三内丸山遺跡(青森市)

縄文時代前期〜中期(約5500〜4000年前)の大規模集落遺跡。北に青森湾を望む緩やかな丘陵の先端に位置する。遺跡の存在は江戸時代から知られ、菅江真澄の紀行文にも記述がある。新しい県営野球場を建設するため1992年から本格的な発掘調査が行われ、最大級の縄文集落跡であることが分かった。大型掘立柱建物や多数の竪穴住居、土杭墓、盛り土、道路などの遺構が見つかり、膨大な量の縄文土器や石器、板状土偶、装身具、漆器も出土した。さらにクリやヒョウタン、ゴボウ、マメを栽培した痕跡があり、数多くの縄文人が長期間にわたって定住生活を送っていたことを物語っている。この遺跡によって、狩猟採集生活という縄文文化のイメージが大きく変わった。2000年に国の特別史跡に指定。

  • 厳しい青森の冬、猛吹雪に大型掘立柱建物が霞む

縄文人が祈りを捧げる幻想的な光景が目に浮かんでくる

三内丸山遺跡は取材を含めて数回訪れている。注目され始めた当初は、JR青森駅から路線バスかタクシーを利用するしか公共交通機関がなく、復元された大型掘立柱建物や竪穴住居群と出土品を収めたプレハブの建物があるだけだった。近くに東北新幹線の新青森駅が開業した現在は、シャトルバスを利用して10分ほどで到着し、新幹線の車窓からもシンボルの大型掘立柱建物を望むことができる。展示施設とレストランなどを合わせた縄文自遊館が入口に建てられ、遺跡公園として整備されたが、一方で観光地化が進んで遺跡本来の魅力が失われたようにも思える。 それでも縄文自遊館のトンネルを抜けて遺跡内に足を踏み入れると、「縄文都市」と形容したくなるスケールの大きさをあらためて実感した。広大な敷地に復元建造物と森が点在しているが、やはり真っ先に目に入るのは蒼穹にそびえる6本の柱だ。4.2メートル間隔で直径約1メートルのクリの柱が並んだ遺構の復元にあたっていくつかの案が出されたが、屋根のない高床式の三層構造に落ち着いたという。高さ14.7メートルの柱は国内で調達できず、たしかロシア産のクリ材を輸入したと記憶している。大型掘立柱建物の用途は望楼、灯台、神殿などが推測されているが、いずれにしても周囲からひときわ目立つ象徴的な存在だったことは間違いない。月明かりに照らされた6本柱を囲んで、縄文人が祈りを捧げる幻想的な光景が目に浮かんでくる。 縄文時代に対しては、どうしても「未開」のイメージを持ってしまうが、こうした巨大な建造物を造り上げる文化の高さは侮れない。集落内には道路跡や大規模な溝も確認され、土木技術にも優れていたことがうかがわれる。集落東側の道路を挟んで土杭墓が並んでいるが、埋葬されているのは大人に限られる。子どもは穴を開けたり底を抜いたりした土器の中に葬って、竪穴住居に近い場所に墓地が設けられた。生を全うできなかった我が子への深い愛情が感じられる。家族に対する思い、死者を弔う心には、縄文人も現代人も大きな違いはないように思えた。 (2013年2月、2014年6月撮影)

PAGETOP
Copyright © みちのく─祈りの道の果つるところ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.